9th

March

9日

3月

2019

Wataru Yamazaki Wataru Yamazaki

Uhuru Corporation

株式会社ウフル

Wataru Yamazaki

Wataru Yamazaki is a General Manager and the team lead of “enebular” product marketing team, Uhuru Corporation based in Tokyo, Japan.

He runs a product marketing team and also acts as a developer relation of the product - organises meetups, a user community, tech contents - demos, hands-on labs, and communicate with users via SNS.

He is a community member of “DevRelJp”, “Community-Marketing Community”, “Node-RED User Group”, “IoTLT”, “Cloud Developer Circle”, and so on. As an admin. member, he joins “DevRelJp English” and “DevRel/Community” communities.

株式会社ウフルのIoT開発・運用サービス、「enebular」のプロダクトマーケティングチームでジェネラルマネージャーとチーム・リードを担います。 彼は製品マーケティングチームを運営しながら、製品のDevRel活動も行なっています。 例えばミートアップ、ユーザーコミュニティ、製品デモ、ハンズオンなどの技術コンテンツ、SNSを通してのユーザとのコミュニケーション、などです。 彼は、 “DevRelJp”、 “Community-Marketing Community”、 “Node-RED User Group”、 “IoTLT”、 “Cloud Developer Circle”などのコミュニティメンバーです。“ DevRelJp English”、“ DevRel / Community”コミュニティは管理者としてコミュニティ運営に携わっています。

TALK OVERVIEW

トーク

5 Tips for making a robust DevRel team 堅牢なDevRelチームを作るための5つのヒント

It's not easy to have a DevRel team especially for companies which are not so big. But there're many things have to do. Then using external resources is required, and it's not easy as well. From my real experience, I'll share five tips on how to create a team to get a result!

There might be many tips we can try, but for the first twelve months, how about trying only **FIVE** tips I always keep in mind. These are from my experiences and **SIMPLE** though the effectiveness is not small. My goal as a DevRel person is to acquire more users and create a user community of our IoT application development service, since I've started this role from March 2018. After nine months challenge, I could acquire hundreds of users and about 150 members of the community.

I am still on the way of the journey, but I can show you real examples of my failures and success.

それほど大きくない会社がDevRelチームを持つのは簡単ではありません。しかし、やるべきことはたくさんあります。そのため外部のリソースを使うことが必要です。そしてそれも容易ではありません。実際の経験から、結果を出すチームの作成方法に関する5つのヒントを紹介します。

試せる多くのヒントがあるかもしれません。しかし最初の12ヶ月間は5つのヒントについてだけ試すのはいかがでしょう。この5つのヒントは私の経験とシンプルさに由来しますが、効果は決して小さくありません。私は2018年3月からこのロールになり、目標はより多くのユーザーを獲得し、IoTアプリケーション開発サービスのユーザーコミュニティを作成することです。

まだ途中過程ではありますが、経験に基づく失敗と成功を示すことができるでしょう。

Signup for updates

アップデートを受け取る

MOONGIFT logo

©2018 MOONGIFT Ltd. DevRelCon is a registered trademark of Hoopy Limited.

©2018 MOONGIFT. DevRelConはHoopy社の登録商標です