9th

March

9日

3月

2019

Brian Douglas Brian Douglas

GitHub

GitHub

Brian Douglas

Brian Douglas is a Developer Advocate at GitHub where he works on the increasing use of the GitHub API by iterating on the onboarding process and helping users with evergreen technical content. In the past he’s lead Developer Advocacy at Netlify, where he built a deep well of technical content, spearheaded efforts towards a public GraphQL API, and delivered over 40 talks and workshops across the US.

Brian DouglasはGitHubのデベロッパーアドボケイトで、卓越した技術的内容を持つユーザを支援し、GitHub API利用者増に取り組んでいます。一環として技術的コンテンツの構築、GraphQL API構築の向けた取り組み、40以上の講演とワークショップを全米で展開しています。

TALK OVERVIEW

トーク

Optimizing for Developer Happiness 開発者の喜びを最適化する

You can’t throw a party if the front door is blocked. More than 60% of users sign up for a service, bounce during onboarding, and never return. If your company depends on developers, then how they get started, use, and contribute to your communities, libraries, tools, and APIs should be more than just painless. Your onboarding design should be elegant.

In this Talk, you will learn:
- Best practices in designing a stellar first user experience
- Tools, content, and tactics to maintain user momentum
- How GitHub solved their own problems using this strategy with GitHub Apps.

正面玄関が閉じていたらパーティーは開けません。ユーザの60%以上がサービスに登録後、途中で離脱すると帰ってきません。あなたのサービスが開発者に依存しているならば、彼らがどのようにしてはじめ、使用し、そしてあなたのコミュニティやライブラリ、ツールおよびAPIに貢献するまで苦痛があってはいけません。あなたのユーザ誘導策はエレガントに作られていなければなりません。

このトークでの学び:

- 優れた開発者体験をデザインするためのベストプラクティス
- ユーザの勢いを維持するためのツール、コンテンツおよび戦術
- GitHubがGitHub Appsにおいてこの戦略をどう使用して、独自の問題をどう解決したか

Signup for updates

アップデートを受け取る

MOONGIFT logo

©2018 MOONGIFT Ltd. DevRelCon is a registered trademark of Hoopy Limited.

©2018 MOONGIFT. DevRelConはHoopy社の登録商標です